• 東京都新宿区若松町9-9パークホームズ新宿若松町2階
  • 電話アイコン03-6457-8143

インプラント

Implant

お電話でのご予約はこちら

Implant treatmentインプラントにしたい

インプラント

歯の大切さは、歯を失ってしまった時に初めてわかります。
歯を1本失っただけで、食事がおいしく食べられない、うまく話せない、自然に笑う事ができないなど、様々なストレスを感じることになります。黒川歯科クリニックでは、なるべく歯を“削らない”、“抜かない”を第一に治療を行います。しかしながら、お口の状況を改善するために、抜歯という治療法しか選択肢がないことがあります。

インプラント治療とは?

インプラント治療とは、歯を失ってしまったところのあごの骨に“インプラント”と呼ばれるチタン製の人工の歯根を埋め込む治療法です。
黒川歯科クリニックでは、国立国際医療研究センター病院で17年間高度インプラント治療に従事した経験に基づく専門的なインプラント治療を皆様へ提供致します。

インプラント治療は、他の歯を損傷することなく歯を造ることができますので、失った歯を取り戻す治療法と言えます。
インプラント治療は、失った歯が1本の場合から、複数、あるいはすべて失った場合まで有効です。まれに患者さんの状況により適応できないケースもありますが、医学的に最適な治療法と言えます。

他の治療法との比較

歯を失った場合、インプラント治療の他に、ブリッジ、入れ歯という治療法もあります。
それぞれの治療法に関しメリット、デメリットを説明致します。

ブリッジ ブリッジ
治療法

ブリッジとは、失った歯の前後の歯を削って支えとして、そこに橋(ブリッジ)を渡すように人工の歯をかぶせる治療法です。

メリット
  • ・入れ歯と比べ、ご自身の歯に近い使用感で違和感が少ない
  • ・保険適応がある
デメリット
  • ・健康な歯を削る必要がある
  • ・削った歯が虫歯や歯周病になるリスクが高まる
  • ・更に歯を失う可能生が高まる
入れ歯 入れ歯
治療法

入れ歯とは、失った歯の前後の歯に金属のばねをかけ、人工の歯がついた土台(床)を固定させて歯茎で食事ができるようにする治療法です。

メリット
  • ・保険適応がある
  • ・前後の歯を削る必要がない。
  • ・条件が厳しくなく、多くの場合で治療が可能
デメリット
  • ・固定のばねが目立ち、見た目が悪い
  • ・装着に違和感、異物感がつよい
  • ・しっかり噛めない事がある
  • ・前後の歯に負担がかかる
  • ・更に歯を失う可能生が高まる
インプラント インプラント
メリット
  • ・失った歯を取り戻す感覚で治療ができる
  • ・周りの歯への負担がない
  • ・しっかり噛むことができる
デメリット
  • ・保険の適応がないため費用がかかる
  • ・治療期間が長い
  • ・外科的な処置が必要になる

インプラント以外の方法はいずれも他の歯に少なからず負担をかけてしまいます。結果として、少しずつ歯を失ってしまう可能生が高くなります。インプラントは一見すると治療費が高額で治療期間が長い印象を受けますが、他の治療と異なり、失った歯を他の歯に負担をかけず補うことができます。結果として健康な歯を守ることになり、治療期間や治療費、身体的な負担を軽減することができ、医学的に一番推奨できる治療といえます。

黒川歯科クリニックにおけるインプラントの流れ

01カウンセリング

まず、なぜインプラント治療を希望されたかを伺います。黒川歯科クリニックでは、インプラント治療がご自身のお悩みを解決する最適な治療であるか否かをご相談のうえ判断致します。インプラント治療に関して様々なご不安があると思います。皆様のご質問を丁寧に伺い、皆様のご不安を取り除くように努めます。

カウンセリング

02精密な検査(CT撮影)

皆様のお口の状況を、レントゲン検査や型どり、口腔内診査、写真撮影などを行いまず把握させていただきます。CT撮影を行い、インプラント治療に適する骨の状況かを診査致します。また、生活習慣、全身的なご病気の有無なども詳しく伺います。場合によっては血液検査や通院中の内科主治医に意見を伺うこともあります。

※検査結果次第でインプラント治療を受けられない場合もありますのでご了承ください。

精密な検査(CT撮影)

03治療計画

ご自身の様々な検査結果と17年間の高度インプラント治療経験を基に、最適なインプラント治療を提案致します。インプラントの種類、インプラントの本数、治療にかかる期間、費用などについてご説明致します。御納得された上で治療を開始致します。ご不明な点はお気軽にご質問ください。

治療計画

04インプラントを長持ちさせるための前処置

インプラント治療を開始する前にできるだけ口腔内の環境を整えます。皆様それぞれに応じたブラッシング指導を行い、生活習慣の改善についてもアドバイス致します。インプラントがお口の中で長持ちするようにお口の環境を整えます。

インプラントを長持ちさせるための前処置

05インプラント埋入術

インプラントをあごに埋め込む手術を行います。骨の状況によっては骨を人工的につくる治療も行います。また、コンピューターを用いインプラントの埋め込む位置を術前にシミュレーションすることもあります。手術を安全に行うために最大限の配慮を行います。

インプラント埋入術

06インプラントが骨と結合するまでの期間

インプラントがあごの骨にしっかりくっつくまでしばらく待機します。インプラントの種類、骨の状況、年齢などで個人差はありますが、約2〜6か月の期間です。インプラントに異常がないかお口のなかや画像撮影を行い確認します。

インプラントが骨と結合するまでの期間

072次処置(症例によっては行うことがあります)

あごの骨の中に埋まっているインプラントをお口の中へ出すために、歯茎を切る簡単な処置を行います。

2次処置(症例によっては行うことがあります)

08上部構造(被せ物)の製作

上部構造を製作するために型取りをします。普通の歯の型取りと異なり、正確に時間をかけて行う必要があります。また、普通の歯の被せ物と同様に調整を行いますが、インプラントの場合、精密な調整が必要になることがあります。

上部構造(被せ物)の製作

09メインテナンス

インプラントは虫歯にはなりません。しかし、インプラント周囲炎と呼ばれる歯周病のような病気はおこることがあります。インプラントを長持ちさせるには細菌のコントロールと不良な咬合力のコントロールが不可欠です。インプラントの状況を確認するために、3~6か月に一度の定期検診が必ず必要になります。

メインテナンス