• 東京都新宿区若松町9-9パークホームズ新宿若松町2階
  • 電話アイコン03-6457-8143

一般歯科

General dentistry

お電話でのご予約はこちら

Tooth hurts歯が痛い

一般歯科

“歯が痛い”という症状から最初に疑うべき病気は、“虫歯”です。虫歯が歯の中の神経を刺激し、痛みが出ている可能性が高いです。あるいは、歯周病によって歯の周りの炎症により歯根膜が刺激され、痛みが出ている可能性もあります。前者では虫歯の治療、後者では歯周病の治療が必要になります。歯に痛みを自覚されましたらお気軽にご相談ください。

虫歯の原因は?

お口の中の細菌は、食べ物の糖を利用してだんだんと増えていきます。細菌はノリのような物質(グルカン)をつくり、これを利用して歯の表面にプラーク(細菌の塊)をつくります。プラーク1mg中には10億を超える細菌が存在するといわれています。プラーク中の細菌が産生する酸により歯が溶かされることを“虫歯”と呼びます。虫歯は歯でおこる細菌の感染症です。

黒川歯科クリニックにおける虫歯の治療

黒川歯科クリニックでは、できるたけ歯を削らない、抜かないを目指して治療を行います。虫歯は感染症ですので、基本的に感染した部分を全て削りとる必要があります。

そのため、虫歯の治療を繰り返せば繰り返すほど、かならずご自身の歯は少しずつ、薄く小さくなってしまいます。
黒川歯科クリニックでは、「MI(Minimal Intervention=最小限の侵襲)治療」を目指しなるべくご自身の歯を損傷しないように心がけます。

痛みに配慮した治療

虫歯の治療を行う際、皆様が一番気になることはなんでしょうか。おそらく、歯を削る際の痛みではないでしょうか?実は、虫歯そのものを削っても痛みは感じません。ただし、虫歯がすすんだ状況で治療を行うと、虫歯を削る刺激が歯の神経に達してしまい、歯を削る際に痛みを感じてしまいます。初期虫歯であれば、麻酔もなしで痛みを感じずに治療できる可能性が高くなります。

黒川歯科クリニックでは
  • 麻酔
  • 01針を刺す痛みをできるだけ抑えるために表面麻酔剤を使用しています。
  • 02なるべく細い針を選択しています。
  • 03事前に麻酔薬を温めています。
  • 04電動注射器を導入しています。

「歯科治療は痛い」というイメージをなるべくなくすために、患者さんの気持ちに寄り添った診療を心がけております。痛みをできるだけ抑えられるように最善を尽くしております。

保険外診療について

見た目の問題で保険外の“詰め物”や“被せ物”を選択される方は多いのではないでしょうか?食べる喜びを実感していただくためには、笑顔で楽しく食べていただく事はとても大切です。笑顔に白く美しい歯はかかせません。
しかし、保険外診療の最大のメリットは別のところあります。保険外診療では、歯の削り方、型の取り方、詰めもの・被せものの素材、技工技術、すべて保険診療とは異なります。保険診療と比較すると費用が掛かりますが、再治療のリスクを減らすために、あらゆる方策を講じます。保険診療と比較すると費用が掛かります。より長持ちする歯、再治療をなるべく行いたくない方には保険外診療をおすすめ致します。お気軽にご相談ください。

予防をしっかり行いましょう!

時間とお金をかけても生活習慣や予防の意識を高めない限り、虫歯は再発します。なぜならお口の中には、何千億個の細菌がいます。また、人間の体重が乗っかるくらいの力が食事毎に絶えず歯にかかり、寝ている間には歯ぎしりや食いしばりなどで更につよい力がかかります。そのため歯には沢山の亀裂が入ります。亀裂が入れば簡単に虫歯ができてしまいます。とにかく虫歯にならないことが最も大切です。予防を行うことで、たとえ虫歯や歯周病になったとしても初期の簡単な治療で完治することが可能になります。ご自宅でご自身だけで行う予防には限界があります。

定期的に歯科医院に御通院していただき、様々なお口の病気からご自身のお口を守るための治療を続けましょう!

Blood comes out of the gums歯茎から血が出る

このような自覚があるか方は、歯周病かもしれません。

歯周病とは

歯周病とは、虫歯と並ぶお口の中の二大疾患のひとつです。
お口のなかに存在する細菌が、プラーク(細菌の塊)で増殖し、歯茎など歯のまわりの組織に持続的な慢性的な炎症が生じる病気です。慢性的な炎症であるため痛みもなく病気が進行します。

進行すると歯を支えている骨が吸収・破壊され、虫歯がない歯であっても歯が動き出し、最後には歯が抜け落ちてしまいます。
日本では大人の70~80%が歯周病にかかっていると言われています。大人が歯を失う原因のトップは、歯周病です。

“喫煙”と代表的な生活習慣病である“糖尿病”は歯周病の二大危険因子であり、歯周病は生活習慣ととても密接に関わっていると言えます。

他にもこの様な自覚のある方は、歯周病の可能性があります!
  • 歯磨きをすると時々出血する。
  • 歯茎が“ぶよぶよ”する。
  • 歯茎が腫れる、歯茎から膿が出る。
  • 歯茎がやせた気がする(歯が長くなった気がする)。
  • 口臭を指摘された、口臭が気になる。
  • 歯と歯の間に食べ物が詰まりやすくなった。
  • 歯がグラグラする、歯が浮いているような気がする。
  • 硬いものを噛むと歯が痛い、しっかりかめない。

歯磨きすればなおる?

歯磨きを正しく行うことは歯周病治療の第一歩です。ただし、歯磨きを行うだけでは歯周病はなおりません。
プラーク(細菌の塊)が、唾液や血液の無機質を含み硬くなったものを“歯石”と呼びます。プラークは歯磨きで除去できますが、歯石は歯磨きで除去することができません。そのため、歯科医院での専門的な処置が必要となります。歯石の中では、細菌が増殖し続けるため、歯石ができていると適切な歯磨きを行っても歯周病は進行します。

歯周病治療にはどんなものがあるの?

歯磨き指導
歯周病の治療、予防を行う上で一番大切なポイントです。歯科医師や歯科衛生士が、皆様それぞれにあった歯磨きの方法を指導します。また、担当歯科衛生士がお一人お一人にあった歯ブラシや、歯磨き粉、デンタルフロス、歯間ブラシ、マウスウォッシュなどの口腔ケア用品をご提案致します。
スケーリング
歯周病の初期段階では、スケーリングを行うことで劇的に病状が改善することがあります。歯と歯茎の境目や簡単に見える歯の根の部分に付着したプラークや歯石を除去する治療です。
ルート
プレーニング
ある程度まで歯周病が進行した場合に行う治療です。
スケーリングを行った後、歯茎の中で簡単に見えない部分にある歯の根に付着したプラークや歯石を除去する治療です。歯や歯の根の表面がツルツルになり、汚れをつきにくくする効果もあります。治療の際に麻酔が必要になる場合もあります。
外科療法

歯周病がかなり進行した場合、スケーリングやルートプレーニングだけでは歯周病が完治しないことがあります。歯茎をきり見えない部分の歯石や細菌に汚染された病気を除去する方法です。

歯周組織再生療法

歯周組織再生療法

歯周組織を再生させる効果のある薬剤を外科療法時に併用する治療法です。そのひとつに“リグロス”という近年厚生労働省で認可された歯周組織再生医薬品があります。黒川歯科クリニックでは、“リグロス”を使用することで、破壊された歯周組織の再生を促す治療もおこなっております。

咬合力の
コントロール
歯周病の治療には、上記の様に細菌由来の原因を取り除くことが最も大切です。ただし、不適切な咬合力(噛む力)が歯や歯周組織に加わることにより、細菌のコントロールがなされても歯周病は進行します。咬み合わせの調整や夜間の不良習癖の改善など、咬合力のコントロールも必要になります。

歯周病は身体の病気と関係しています

歯周病は細菌の感染による持続的な慢性の炎症によりおこる病気です。炎症によりつくられる物質や細菌が、歯茎の小さな血管から血液の流れにのって身体にまわることで次の様な病気に関係していることが最近の研究で明らかになってきています。

糖尿病

高血糖により歯周病にかかりやすくなること、歯周病の原因となる細菌が増殖しすくなることがわかっています。また、歯周病が糖尿病発症に関与していると考えられています。歯周病は糖尿病の合併症のひとつで、お互いに影響しています。

血管系疾患

手術で切り取った動脈瘤から、お口の中にいる細菌のDNAが見つかっています。また、歯周病と狭心症・心筋梗塞や脳梗塞が関係していると言われています。

早産・低体重児出産

歯周病が早産・低体重児出産のリスクを高める可能性があります。妊娠性エプーリスなど妊婦特有な病気もあります。妊娠がわかりましたが歯科医院にて歯周病の検査を受けましょう!

細菌性肺炎

口腔ケアが誤嚥性肺炎やVAP(人工呼吸器関連肺炎)の発症予防に効果的であることが知られています。歯周病の治療は細菌の数を減らし、細菌性肺炎の発症予防につながります。

細菌性心内膜炎

お口の中の細菌が細菌性心内膜炎の原因となることは知られています。感染部位から歯周病の原因となる細菌もみつかっています。感染性心内膜炎のガイドラインでも予防目的に歯周病やお口の病気に対する治療が推奨されています。

肝疾患

非アルコール性脂肪肝に歯周病が関連している可能性があります。

その他

慢性腎疾患や関節リウマチなども関連があると言われています。

予防をしっかり行いましょう!

歯周病治療には様々な高度治療がありますが、とにかく歯周病にならないことが最も大切です。予防を行うことで、たとえ歯周病や虫歯になったとしても初期の簡単な治療で完治することが可能になります。ご自宅でご自身だけで行う予防には限界があります。

定期的に歯科医院に御通院していただき、様々な病気からご自身のお口や身体を守りましょう!

denture入れ歯

入れ歯

歯の大切さは、歯を失ってしまった時に初めてわかります。

歯を1本失っただけで、食事がおいしく食べられない、うまく話せない、自然に笑う事ができないなど、様々なストレスを感じることになります。黒川歯科クリニックでは、なるべく歯を“削らない”、“抜かない”を第一に治療を行います。ただし、残念ながら、お口の状況を改善するために、抜歯という治療法しか選択肢がないことがあります。

失った歯を補う方法として、インプラント治療、ブリッジ、入れ歯という方法があります。それぞれの治療に関してのメリット、デメリットはインプラント治療の項目に詳しく記載しておりますのでご参照ください。

失った歯の数が多い場合、最も一般的な治療法が入れ歯になります。

よく噛める入れ歯とは?

よく噛める入れ歯の条件として、入れ歯がお口にぴったり合うこと、お口に入れても違和感が少ないことが挙げられます。
お口にぴったり合う入れ歯を作製するためには、精密に型取りを行い、お口の状況を正確に模型上に再現する必要があります。なぜなら、入れ歯は模型上で作製するからです。模型上で高度な技工技術を駆使することで、お口にぴったり合う入れ歯を作製することができます。

入れ歯の素材を選択することで、入れ歯を薄くしたり、小さくしたり、目立たなくしたり、お口のなかで違和感の少ない入れ歯を作製することができます。
入れ歯は毎日お口に装着する重要な医療器具です。良く噛める入れ歯をお口に装着することで、おいしく食べ、正しく飲み込むことができるようになります。結果として誤嚥性肺炎の予防など身体の健康増進にもつながります。

次に保険診療の入れ歯、保険外診療の入れ歯について説明致します。

保険診療の入れ歯とは?

保険診療の入れ歯は、費用を抑えられることが最大の利点です。また、修理が容易であるという利点もあります。
欠点としては、型取りの方法、技工の操作などにある程度の制約があるため、保険外診療の入れ歯と比較するとお口にぴったり合う入れ歯を作製することが難しくなります。素材はレジンが基本となるため、装着時には違和感が出やすいです。

レジン床の入れ歯
レジン床の入れ歯

歯科用のプラスチックであるレジンで土台(床)を作ります。適用範囲は広くほとんどの症例に使用することが出来ます。強度に限界があるため、入れ歯を大きく、厚くする必要があり、違和感が出やすいです。他の素材と比較して割れやすく、壊れやすいです。
バネを使用している場合、噛む力により入れ歯そのものがねじれてしまい、バネをかけている歯に負担をかけ、歯を失う可能性が高くなります。

保険外診療の入れ歯とは?

保険外診療の入れ歯は、費用は高額になりますが見た目が自然で、装着時の違和感を少なくすることができます。また、型どりの方法、素材、技工操作などに制約がなくなるため、保険診療の入れ歯と比較して、良く噛める入れ歯を作製することが可能となります。

保険外診療で選択できる入れ歯の種類(素材)

ゴールド床入れ歯
ゴールド床入れ歯

金で土台(床)を作ります。費用は比較的高額になりますが、お口に馴染みやすい素材です。入れ歯を薄くすることができ、装着時の違和感を少なくすることができます。金属アレルギーや体への影響は少なく、腐食や変色は起こりません。

チタン床義歯
チタン床義歯

チタンで土台(床)を作ります。チタンは体の中に埋め込むことが出来るほど安全性の高い金属のため金属アレルギーはほとんど起こりません。加工技術が進歩したため、近年作製することが可能になった新しい素材です。他の金属と比較して軽量であるため、装着感にも優れます。

コバルトクロム床義歯
コバルトクロム床義歯

コバルトクロムで土台(床)を作ります。保険外の入れ歯の中では比較的安価で製作できます。コバルトクロムは古くから使用されている金属ですので、長い歴史のある素材です。

シリコンの入れ歯
シリコンの入れ歯

土台(床)の一部をシリコンで作る入れ歯です。シリコンは大変柔らかいので、噛む時の痛みを緩和し痛みを非常に軽減することができます。入れ歯が痛くて食べられない方におすすめの素材です。耐久性にややおとります。

保険外診療で選択できる入れ歯の種類(目立たなくするための工夫)

ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー

部分入れ歯の場合、通常クラスプと呼ばれる金属のバネを残っている歯にかけます。“ノンクラスプ”とは、文字通りバネを使用しない義歯になりますので、目立たない入れ歯を作製することができるようになります。

マグネットデンチャー
マグネットデンチャー

部分入れ歯の場合、通常クラスプと呼ばれる金属のバネを残っている歯にかけます。マグネットデンチャーでは、バネを使用せず残った歯の根に磁石(マグネット)を入れて、磁石の力で入れ歯を安定させます。目立たない入れ歯を作製でき、役に立っていない歯の根を活用することができます。欠点は、歯の根がお口にあればよいのですが、ない場合は健康な歯を削って磁石を歯に入れる必要があります。

Whiteningホワイトニング

人の第一印象は出会って10秒で決まると言われています。
ホワイトニングで歯を白くして素敵な笑顔になりましょう!

ホワイトニングとは?

ホワイトニング

ホワイトニングとは、歯を削らずに人体に安全なお薬(過酸化水素)で歯の色素を分解し歯の色を白くする方法です。あきらめていた歯の黄ばみや汚れを、自然な白い歯にすることが可能です。天然の歯を白くするので、透明感のある自然な色調に仕上がります。

ホワイトニングはこのような方におすすめです
  • 歯が黄ばんできた気がする
  • 人前で話す機会が多い
  • 若々しく明るい印象になりたい
  • 不自然な白さではなく、自然な白い歯にしたい
  • 結婚式など、大切な日のために綺麗な白い歯にしたい
  • 面接の前に綺麗な白い歯にしたい

歯に色がつく原因は?

01食品による着色
喫煙、コーヒー、お茶、ウーロン茶、赤ワイン、カレーなど、着色しやすい食品を摂る頻度が高いと、歯も着色しやすくなります。
02加齢による変色
歯は年齢を重ねることにより、自然と少しずつ黄ばんできてしまいます。
03歯の神経を取ったことによる変色
神経を取った歯はだんだん歯の色が黒ずんできます。
04先天的な変色
永久歯が作られる時期(0歳〜8歳頃)に服用した抗生物質の影響や、過剰に高濃度フッ素を継続的に摂取した場合、歯が変色してしまうことがあります。

※1・2場合は、ホワイトニングで歯の色を白くすることができます。

注意事項
  • 変色の程度によっては、ホワイトニングでは十分な効果が期待できない場合があります。
  • 詰め物をしている部分や被せものをしている歯は、ホワイトニングで白くすることはできません。詰め直しや、被せ物をやり直すことで歯を白くすることはできます。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングには、クリニックで行うオフィスホワイトニング、ご自宅で行うホームホワイトニング、その両方を組み合わせて行うデュアルホワイトニングという方法があります。

オフィスホワイトニング

専用の装置と薬剤を使用して歯科衛生士が行います。黒川歯科クリニックでは軽量、コンパクトな最先端の機器を導入しており、効果的にホワイトニングを行うことができます。

一般的に、オフィスホワイトニングでは、高濃度の過酸化水素が含まれるホワイトニング材を用います。効果が高い反面、処置後に歯がしみるなどの副作用が出やすくなります。そのため、黒川歯科クリニックでは、可視光応答型光触媒が含まれているホワイトニング剤を使用しています。従来よりも低濃度の過酸化水素で高いホワイトニング効果が得られ、歯がしみるなど副作用も軽減できます。ホワイトニング剤のpHもおおよそ6に調整されており、自然な透明感のある白さが得られます。

ホームホワイトニング

ご自宅で行うホワイトニングです。クリニックで歯の型取りを行い、専用のマウスピースを作製します。ご自宅でお好きな時間にホワイトニングを行っていただけます。マウスピースにホワイトニングジェルを入れて、2時間以上マウスピースをお口に装着していただきます。従来のホワイトニングジェルは、唾液の影響を受けやすく効果で出にくかったのですが、黒川歯科クリニックでおすすめしているホワイトニングジェルは唾液に溶けにくいため、色ムラが出にくく、効果的に歯を白くすることができます。

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2つの方法を組み合わせた、最も効果的に効率よく行う方法です。ご希望の白さになるまでのお時間を短縮でき、白さも長持ちさせることが可能です。

オフィスホワイトニング ホームホワイトニング
  • 一回の処置で効果を実感できる
  • 治療期間が短い
  • クリニックで歯科衛生士が行うため、ご自身で行う必要がない
  • 歯のツヤや歯の透明感が出やすい
  • 効果持続期間*は3か月〜6か月程度
  • 家で行うので好きな時間にできる
  • ご自身のペースで徐々に白くすることができる
  • 白さが長持ちする
  • オフィスホワイトニングと比べると、しみたりなどの症状が出にくい
  • 歯を白くするための期間がかかる
  • 効果持続期間*は6か月〜1年程度

※効果持続期間には個人差があります