• 東京都新宿区若松町9-9パークホームズ新宿若松町2階
  • 電話アイコン03-6457-8143

予防歯科

Preventive dentistry

お電話でのご予約はこちら

Care and cleaning歯を長持ちさせたい

歯科医院は、“歯が痛い時”や、“歯の詰め物が取れた時”にだけ行くところと思ってはいませんか?

予防歯科

“自覚症状がある時にしか歯科医院に行かない”ということを繰り返していると、皆様の大切な歯を失う可能性が非常に高くなります。
虫歯や歯周病は生活習慣病のひとつと考えらており、毎日の食生活、セルフケアのやり方、お口の不良習癖の有無など皆様の生活習慣に原因があります。虫歯や歯周病の治療が終わって通院をやめてしまうと、皆様の生活習慣に対するアドバイスをお伝えすることができません。通院が途絶えてしまっている間に虫歯や歯周病が再発し、結果的にお口の病気を放置することになってしまいます。従来の“自覚症状がある時にしか歯科医院に行かない”という通院方法では、お口の病気に対する根本的な解決策にはなりません。お口の病気が進行した状況で歯科医院を受診することになり、大切な歯を失ってしまうことにつながります。

黒川歯科クリニックでは、お口の詳しい検査を行うことで、皆様の虫歯や歯周病の原因を明らかにし、おひとりおひとりに最適なセルフケアの方法をご提案致します。担当歯科衛生士がPMTC*を行い、セルフケアでは落とすことのできないバイオフィルム(細菌の集合体)を除去し、お口の健康に一生涯に渡り責任を持ち治療を進めてまいります。

*プロフェッショナル・ティース・クリーニングの略

歯科衛生士が専門の器具やペーストを使用して行う歯科予防処置のこと。“全ての歯面ではなく、プラーク(歯垢)の付着している部位を選択しバイオフィルムを除去すること”と定義づけられています。PMTCは、バイオフィルムを除去することが目的で、セルフケアと両立することで虫歯や歯周病の予防効果が得られます。

当院ではPMTCに使用するブラシや、ラバーカップ等は、使い回しはせず、全てディスポーザブルにしています。

PMTCと従来のクリーニングの時に行う歯面研磨の違い
PMTC 歯面研磨
目的
  • 虫歯のリスクや、歯周病のリスクが高い部位、磨きにくい部位のバイオフィルムの除去
  • 口腔内を良い状態に保つ
  • 虫歯や歯周病の再発の防止
  • 着色の除去
  • 歯面の滑沢化
効果
  • 虫歯、歯周病の予防
  • 審美的回復

※当院ではPMTCを行う前に、歯石除去や着色の除去を行います。

黒川歯科クリニックは
  • 痛い歯がある時にだけ行くところ
  • 詰め物が取れた時にだけ行くところ
  • グラグラする歯がある時にだけ行くところ
  • 歯ぐきから出血する時にだけ行くところ
  • 歯ぐきが腫れた時にだけ行くところ

ではなく、治療が終わった後も、

  • 自分にあった口腔ケア用品を選んでもらい、正しく使えているかを定期的にチェックしてもらいに行くところ
  • 口腔内を清潔に保つために、セルフケアでは落とすことのできない汚れを定期的にクリーニングしてもらいに行くところ

黒川歯科クリニックは、定期的に通院していただくことで、担当歯科衛生士がリスク部位をケアし、磨きにくい部位のアドバイスを行い、皆様のお口の健康が保たれ、口から食べる喜びを実感していただき、笑顔を取り戻すことを使命にしています。黒川歯科クリニックでは、お一人お一人に適した歯ブラシや口腔ケア用品をご提案致します。

たくさんある口腔ケア用品の中から、どれを選べば良いの?

歯ブラシや、デンタルフロス、歯間ブラシ、歯磨き粉、マウスウォッシュなどの口腔ケア用品をたくさん購入しても、正しく使わないと効果が出にくいことがあります。いろいろな道具を使えば、キレイな口腔内になるというわけでもありません。当院では担当歯科衛生士がお一人お一人にあった口腔ケア用品をお選びして、正しい使用法や、効率よくセルフケアが行える方法をご提案致します。

歯磨きは毎日行うことなので、同じ時間を使うのであれば、ご自身にあった清掃道具を使用し、効率よく効果的に磨くことができれば、その時間を有効に使うこともできます!

次のような理由で口腔ケア用品を選ぶのはやめましょう!
お店のPOPにスタッフのお勧め商品と書いてあったから

誰に対してのお勧め商品なのでしょうか?一人一人顔が違うように、歯の大きさ、歯並びなどお口の中も違います。

安かったから

消耗品なので値段も大事です。しかし値段だけで購入してしまうと、ヘッドが大きすぎたり、硬すぎたり、柔らかすぎたりとご自身のお口に合わないこともあります。

見た目が可愛かったから

毎日使うものは、見た目の可愛さなどもモチベーションアップにつながるので、選択肢の一つになりますが、見た目重視で選んでしまうと、効率よく汚れを落とすことのできる形に作られていないことがあります。

口腔ケア用品の選び方や、磨きにくい歯の磨き方はもちろんのこと、
日頃疑問に思っていることなど、お気軽に担当歯科衛生士にご相談ください。