• 東京都新宿区若松町9-9パークホームズ新宿若松町2階
  • 電話アイコン03-6457-8143

歯科口腔外科

Dental and oral surgery

お電話でのご予約はこちら

I want to get rid of wisdom親知らずを抜きたい

親知らず専門治療

歯科口腔外科

黒川歯科クリニックでは、20年以上口腔外科診療に従事した歯科医師が親知らずの抜歯を担当致します。東京医科歯科大学、国立国際医療研究センター病院在籍時には、様々な親知らずの抜歯に対応してきました。CT等、安全に抜歯を行えるような設備を整えておりますので安心してご来院ください。
また、大きな病院では初診の予約が取得できない場合や、当日の抜歯を希望されても断られる場合などもあります。黒川歯科クリニックでは、事前に予約取得していただければ、お仕事や学校をお休みすることなく、抜歯を行うことができます。お気軽にご相談ください。

親知らずを抜く必要がありますか?

食生活の変化により、日本人の平均的な顎の大きさは少しずつ小さくなってきています。親知らずは顎の一番奥に最後に生えてくるため、親知らずが正しい位置に真っ直ぐ生えることができず、顎の位置からずれて生えたり、斜めや横を向いて生えたり、ほんのわずかにお口の中に生えるなど、親知らずを正しく磨くことができない状況に陥ります。

そのような親知らずがお口の中に存在すると、お口の中の細菌の数が増加し、親知らずが虫歯になる、親知らず周囲の歯茎が腫れるなどのトラブルの原因となります。更に、親知らずだけではなく、他の歯が虫歯になるリスクや歯周病が進行するリスクも増加します。

また、親知らずのトラブルを放置すれば、骨髄炎(こつずいえん)や蜂窩織炎(ほうかしきえん)といった重症な感染症につながり、点滴加療や大きな病院に入院が必要になることもあります。
親知らずに違和感やお痛みを自覚されましたら、お気軽にご相談ください。

CT検査

親知らずを安全に抜歯するために、黒川歯科クリニックではCTを導入しております。

CT検査を行うことで、親知らずの根と下顎管(下顎神経の通り道)や上顎洞(副鼻腔と呼ばれる鼻の一部)といった解剖学的に重要な臓器との位置関係を3次元的に評価することができます。従来のレントゲン撮影(2次的な評価)より正確に解剖学的な情報を把握できますので、より安全に抜歯を行うことができます。

親知らず抜歯後に起きうるトラブル

抜歯後感染
抜歯したところに細菌が感染を起こさないように抗生物質(細菌の増殖を防ぐ薬)を飲んでいただきますが、お口の中には様々な細菌が存在するため、抜歯したところが化膿することがあります。
ドライソケット
抜歯後、血餅(かさぶたの様なもの)の形成が不十分で、お口の中に骨が露出してしまうと、ひどい痛みが抜歯後直後ではなく、数日経過した後に出現します。
神経障害
親知らずの近くに、重要な神経が存在することがあります。そのような場合、抜歯の侵襲により神経が刺激され抜歯後に神経障害が出現することがあります。下顎の親知らずを抜歯した際に、約5%の確率で下顎の先の皮膚、下唇、歯、歯茎の感覚に異常がでると言われています。非常に稀ですが舌の感覚にも異常がでることもあります。
上顎洞炎
上顎の親知らずを抜歯した後に、上顎洞に炎症が起こることがあります。上の親知らずと上顎洞は解剖学的に非常に近いことが多いため、炎症が波及しやすいです。鼻水、鼻出血、鼻閉感などの症状がでることがあります。

My jaw hurtsあごが痛い

“あごが痛い”、”口が開きづらい”、”口を開けると音がする”このような自覚の方は顎関節症かもしれません。
顎関節症の場合は、あごの動きに連動して痛みが出ることが多いと言われています。何もしなくてもあごが痛いという場合は顎関節症ではなく、親知らずの痛みなど他に原因があるかもしれません。お気軽にご相談ください。

顎関節症とは?(日本顎関節学会によると)

あごの関節やあごを動かしている筋肉の痛み、顎関節の雑音(あごを動かす際の音)、”口が開きづらい”あるいは”あごが動かしづらい”などを症状とするあごの障害をとりまとめた病気です。以下の型に分類されます。

  • 1型あごを動かす筋肉の痛みを主な症状とするもの(咀嚼筋痛障害)
  • 2型顎関節の痛みを主な症状とするもの(顎関節痛障害)
  • 3型顎関節の中の関節円板(顎関節の骨と骨の間にあるクッションの役割をしている組織)のずれが生じるもの(顎関節円板障害)
  • 4型顎関節を構成する骨に変化が生じるもの(変形性顎関節症)

顎関節症の原因ははっきりとはしていませんが、咬み合わせ、悪習癖、ストレスなどとされています。

どのような検査をしますか?

日常生活の状況を伺います。悪習癖、ストレスの有無など、顎関節症は生活習慣との関連性も指摘されていますので、非常に重要な項目です。また、あごの動きの検査、お口を開ける量の検査、痛みの部位の検査、レントゲン検査、などを行います。

どんな治療がありますか?

顎関節症の何型かにより治療法も異なります。外科療法を積極的に行っていた時代もありますが、現在は保存療法が推奨されています。生活指導や、運動療法、薬物療法、スプリント療法などが主な治療法です。

生活指導
  • ・一方のあごだけで噛むことを控える
  • ・硬い食べ物や長時間噛むことを控える
  • ・集中している時やリラックスしている時に上下の歯がくっついていれば歯を離す
  • ・ストレスをなくす
運動療法

顎関節症の型に応じて以下を行います。

  • ストレッチ:あごの筋肉や関節周囲の靭帯などの柔軟性や伸張性を改善します
  • 可動化訓練:あごの関節の動きを良くして開口量を回復させます
  • 円板整位運動療法:関節円板を正しい位置に誘導します
薬物療法
あごの関節やあごを動かす筋肉の痛みに対し、消炎鎮痛薬を使用します。症状に応じて、薬の種類や服用方法を調整します。
マウスピースや
スプリント療法
夜間に装着し、あごを動かす筋肉の緊張緩和やあごの関節への負担を軽減し、あごの安静をはかります。また、睡眠時のはぎしりやくいしばりにも有効です。単純挙上型、スタビライゼーション型、前方誘導型などがあり、顎関節症の型に応じて使い分けます。

There is something that can be done口にできものがある

お口の中は様々な刺激を受けます。“冷たい”“熱い”といった温度による刺激、“辛い”“酸っぱい”といった味覚による刺激、“歯にあたる”“間違って噛む”といった歯による刺激などが挙げられます。そのため、お口の中には様々なご病気が出現します。

早期にご相談いただくことで治療や対応が簡単に終わる可能性があります。黒川歯科クリニックでは、20年以上口腔外科診療に従事した歯科医師が責任を持って対応致します。

東京医科歯科大学、国立国際医療研究センター病院在籍時には、様々なお口の病気に対応してきました。大学病院や総合病院であれば敷居が高く受診を躊躇するところもあるかと存じます。黒川歯科クリニックではお気軽に受診しご相談していただくことができます。

お口の検診

お口は食道、胃、腸と同じ様に重要な消化器のひとつです。
食道、胃、腸では、バリウム検査や内視鏡検査(胃カメラなど)を受けることで早期に病気を発見することができます。お口の中は、バリウム検査や内視鏡の様な苦痛を感じることなく、簡単に検査を行うことができます。
歯だけではなく、お口の中に何か異常がありましたら、お気軽にご相談ください。

お口の中の様々なできもの

お口の中のできものといえばいわゆる口内炎が一般的ですが、痛みもなく、できものがだんだん大きくなるような場合は良性腫瘍やがんの可能性もあります。

口内炎

口内炎

歯の鋭利なものから少しあたるかな?といったものまで、歯の被せ物や詰め物が原因になることや、合わない入れ歯がこすれて傷になりできることもあります。体質的によくできる方もいらっしゃいます。

できたばかりのときにひどい痛みを伴うこともありますが、1〜2週間ぐらいで治ってきます。当院を受診していただくことで、痛みを軽減できたり早く治したりすることができます。
また、身体の重要な病気(べーチェット病やクローン病など)の初期症状としてできる事もあります。

口腔がん

口腔がん

口の中にできる悪性腫瘍を“口腔がん”といいます。お口のなかでは舌にできることが一番多いです。あくまでひとつの目安ではありますが、3週間以上治らない口内炎があるときは単なる口内炎ではない可能性があります。
他の身体のがんと異なり、お口のがんは直接見ることで確認することができます。

白板症

白板症

お口の中に、白いできものができます。頬の内側や舌、歯茎にでき、こすってもはがれません。まわりが赤くなることがあり、食べ物がしみたり、ぶつかることで痛みがでることもあります。前癌病変に分類され、がん化する確率は約3~10%程度と言われています。

口腔扁平苔癬

口腔扁平苔癬

お口の中に、レース状や網状の白いできものができます。頬の内側によくできます。舌、歯肉にもみられることもあります。原因がよくわかっていないため、なかなか治りません、前癌状態と言われていて、がん化する確率は約1%程度です。

手足口病

手足口病

発熱と同時期に、手足の皮膚や口の中に赤い斑点や水ぶくれができます。水ぶくれはやがてつぶれて痛みをともないます。幼少期に多いウィルス性の病気です。

口唇ヘルペス

口唇ヘルペス

唇にかゆみや痛みが出た後に、小さな水ぶくれが唇にできます。かさぶたになり1~2週間で治ります。風邪、ストレス、疲労などをきっかけに症状がでます。再発を繰り返し易いウィルス性の病気です。

口腔カンジダ症

口腔カンジダ症

口の中に白い斑点(カンジダ菌の菌塊)が付着しお口のなか全体に広がる病気です。白い斑点はふくとはがれます。カンジダ菌はお口の中にもとも存在しますが、お口の清掃不良、入れ歯、免疫力の低下などにより増えます。

妊娠性エプーリス

妊娠性エプーリス

妊娠すると歯茎にエプーリスと呼ばれるしこりができることがあります。妊婦の1~5%にみられると言われています。出産後に消えてしまう事が多いので、基本的に切り取る必要はありません。